浄水器で放射性物質は除去できる?導入のメリットとデメリット

飲料水

日常的に利用する飲料水の放射性物質が気になるというひとも多いようです。そのため、浄水器を活用することも手段のひとつでありますが、種類によっては、ほとんど除菌効果がない浄水器もあれば放射性物質まで除去する高性能な浄水器もあります。ここでは、気になる浄水器のメリットとデメリットについてご紹介します。

浄水器で放射性物質は除去できるのか?

東日本大震災以降、スーパーで売られている食品だけでなく一般家庭の水道水における放射線の影響も懸念されるようになりました。知らず知らずのうちに放射性物質が含まれている水道水を飲んでしまっているのではないか?という不安は以前よりも増してきています。

東京の風景 実は被災した福島よりも東京都内の水道水のほうが、放射性物質が多く含まれているという報告もあります。政府や水道局は「人体に影響はない」と言っていますが、はたして本当に信用できるでしょうか。放射性物質は、摂取してすぐには問題なくても、体内にとどまると長い年月をかけてガンなどの病気につながる恐れもあります。もちろん子どもや赤ちゃんに大きな影響を及ぼす可能性も指摘されています。

一般家庭で可能な放射線除去の方法に「浄水器」があります。一昔前の浄水器では放射線を除去することは難しいといわれていましたが、近年の浄水器は極めて細かなフィルターやろ過装置が搭載され放射線も除去できるようになりました。とはいえどんな浄水器でも放射線が除去できるというわけではありません。もともと放射線除去を目的として作られている浄水器はほとんどありません。浄水器を導入する場合は放射線の除去が可能かどうかを確かめてから購入しましょう。

どの浄水器で放射性物質を除去できるか

最も一般的な浄水器に「蛇口浄水器」があります。蛇口に取り付けるだけの簡単なものなら、100円ショップで買うこともできます。安価ではありますが塩素や有害物質をある程度除去してくれる効果があります。しかし、蛇口タイプの浄水器は放射性物質を全く除去できません。放射線物質の除去について考える男性

お金はかかってもいいのでしっかりと浄水したいというときは、据え置き型の浄水器があります。その浄水能力は蛇口浄水器とは雲泥の差で、より多くの有害物質を除去してくれます。また据え置き型浄水器の場合、水道水をアルカリイオン水や水素水に変えたりするものも販売されています。しかし残念なことにこの据え置き型の浄水器でも放射性物質を除去することはできません。できたとしても放射性物質の一部を除去できるだけです。

放射性物質が除去できる浄水器には逆浸透膜浄水器があります。この逆浸透膜浄水器はなんとアメリカでは約80%の世帯に設置されているといわれています。微細なナノレベルのろ過機能によって海水が真水に変わるほどの強力な浄水効果をもち、多くの有害物質のみならず放射性物質も完全に除去してくれます。さらに逆浸透膜浄水器の水はミネラルウォーター以上のおいしさがあるのも特徴です。赤ちゃんにどうしても安全な水を飲ませたいというご家庭にも逆浸透膜浄水器はおすすめです。

逆浸透膜浄水器のメリットとデメリット

本当に安心安全な浄水器を導入するならば逆浸透膜浄水器という選択肢になります。逆浸透膜浄水器を導入する場合のメリットとデメリットについて見ていきます。

逆浸透膜浄水器のメリットは、いつでも簡単においしくて安全な水を飲むことができる、ミネラルウォーターなど重いボトルを毎回買う必要がない、不必要なゴミが出ない、外観デザインが優れているのでインテリアとして楽しむこともできる、といった点が挙げられます。

財布とお金 逆浸透膜浄水器のデメリットは、本体価格が高額で初期費用がかかる、カートリッジの交換や定期的なメンテナンスでお金が継続的にかかる、塩素を完全に除去してしまうため水の保存がきかない、設置のための大きなスペースが必要、などが挙げられます。水の保存には塩素が必要ですが、塩素が完全にろ過された水は日が経つごとにどんどん悪くなってしまいます。いろいろなデメリットがあるなかでやはり金銭的な面で負担が大きくなるのが最大のネックといえます。

よく話題に上る「COOL QOO(クールクー)」って何?

Cool Qooは「水道型直結型ウォーターサーバー」のことです。 細菌やウイルス、放射性物質だけではなくイオンすら除去し純水(ピュアウォーター)を精製する技術の「ROろ過」を採用しています。 また、ボトル不要で、従来型のウォーターサーバーとは違い、定額から利用ができるため、お財布事情に厳しい方にもおすすめなウォーターサーバーです。

この記事をシェアしませんか?

浄水器は種類によってその性能がまったく異なります。ほとんど除菌効果がない浄水器もあれば放射性物質まで除去する高性能な浄水器もあります。それぞれの浄水器のメリットとデメリットについてご紹介します。