水道水は安全?水道水の安全管理と水質基準について

水道の蛇口

水資源に恵まれた日本では、水道水に対してどのような取り組みがなされているのでしょうか。ここでは、身近な水道水とその安全性、とりわけ赤ちゃんを含めた人体への悪影響についてみていきます。

水道水は安全?

水道の水は厳しい管理と審査をクリアしてから家庭に届くようになっています。日本の水道法はとても厳しく設定されていて、この基準をクリアしなければ各事業主は家庭へ水を届けることができません。水道法による水質基準は51個も定められており、この基準のすべてを満たさなければ配水は禁止されます。

具体的な数値で見てみると、水に含まれる塩素の基準は「0.1~1mg/L」となっており、これは世界保健機関が定めている「5mg/L」よりも低い数値設定です。つまり日本の水質基準は世界から見ても極めて厳しくなっており、その安全性はかなり高いといってもいいでしょう。

蛇口このように水道水は厳格な基準をクリアしたうえで各地域の水道局や事業主において管理・配水されています。注目したいのが各地域の事業主や水道局において、基準をクリアしたうえでさらに独自の取り組みを行っているという点です。例えば地域によって塩素の数値を新たに定めて配水を行ったり、放射性物質の除去を積極的に行ったりとその活動や取り組み方はさまざまです。

例えば、名古屋水道局で実施されている「日本一おいしい水プロジェクト」では独自の基準によって、安全性だけでなく、美味しさやブランド力までも考えた管理と配水が行われています。東京都の水道局では「飲み比べキャンペーン」という東京都の水道水と市販のミネラルウォーターのどちらがおいしいかという実験が一般人を対象に行われました。現在の水道水は水質だけでなく味もミネラルウォーターと変わらないほどに良くなってきているということかもしれません。

水道水の危険性は?

お腹を押さえる女性 水道水は厳しい管理基準によって配水されていることが分かりましたが、それでもなお「水道水は危険だ」という声が多数あるのも事実です。その理由のひとつはやはり「残留塩素」による人体への悪影響です。

どれほど塩素が除去された水といっても、塩素による悪影響は確実に回避できると断言できません。塩素は体内に入るとタンパク質を壊してしまう、食堂や胃の粘膜を壊してしまうといった悪い症状が出る可能性があり、特にアトピー患者は水道水の塩素の影響を受けやすいという報告が聞かれています。アトピーやアレルギー持ちの方は微量の塩素でも注意が必要です。

また、塩素と水分中に含まれる有機物が反応することで「トリハロメタン」と呼ばれる発がん性物質が出現することがあります。トリハロメタンは中枢神経や肝臓・腎臓といったさまざまな臓器に悪影響をもたらします。このトリハロメタンが含まれた水道水を私たちはいつのまにか毎日飲んでしまっているという可能性も否定できないのです。ほかにも震災以降、水道水に放射性物質が検出されている例もあり特に妊娠中の女性は安易に水道水を飲むことはおすすめできません。

水道水でミルクを作るのは危険?

上述したように水道水には人体に影響のあるさまざまな有害物質が知らず知らずに紛れ込んでいる可能性があります。成人にも影響があるならば、当然免疫力が低い赤ちゃんにはその影響がさらに大きくなるといえます。

ミルクミルクを作るときは必ず水を沸騰させて除菌を行うことが大切ですが、実は発がん性のあるトリハロメタンは水を沸騰させたときに量がさらに増えてしまうという性質があります。除菌をするために水道水を沸騰させたのに有害物質の量は増えてしまったということであれば逆効果になってしまいます。このように水道水には目に見えない危険性が多く含まれています。

赤ちゃんのミルクを作る場合は市販のミネラルウォーターを使用するか、ウォーターサーバーなどを設置してしっかりと浄水し、安心安全なピュアな水で作ることが大切になります。

よく話題に上る「COOL QOO(クールクー)」って何?

Cool Qooは「水道型直結型ウォーターサーバー」のことです。 細菌やウイルス、放射性物質だけではなくイオンすら除去し純水(ピュアウォーター)を精製する技術の「ROろ過」を採用しています。 また、ボトル不要で、従来型のウォーターサーバーとは違い、定額から利用ができるため、お財布事情に厳しい方にもおすすめなウォーターサーバーです。

この記事をシェアしませんか?

いつも飲んでいる水道水って本当に安全?危険はない?日本の水道水の安全管理や水質基準、水道水に含まれる有害物質、さらに水道水が子どもや胎児に与える影響を詳しく説明します。