ウォーターサーバーのメリットとデメリットについて

ウォーターサーバー

近年、安心安全でおいしい水を家庭で飲めるウォーターサーバーが人気になっています。しかし、どんなものを購入する場合でも事前にメリットとデメリットを見極める必要があります。そこで今回はウォーターサーバー導入におけるメリットとデメリットについて詳しくご紹介していきます。

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーの水を飲んでいる女性

安心安全な水をいつでも簡単に飲める

ウォーターサーバーを設置することで浄水された安全でおいしい水をいつでも飲むことができます。水道水には塩素などの人体に有害な成分が含まれていますが、ウォーターサーバーであればそのような心配は全くありません。また、ウォーターサーバーを販売している各企業によって扱っている水の種類や特徴が違うので、自分に合った水を選ぶことができます。ミネラルの量、口当たり、味わいといったところを加味して自分に最も合うウォーターサーバーを選んでみましょう。

温水と冷水でいつでも飲める

ウォーターサーバーには温度調節機能が付いているので温水と冷水のどちらでも利用できます。通常の浄水器やミネラルウォーターを購入して使う場合は温めるのにいちいち沸騰させなければなりません。その分だけ時間もかかりますがウォーターサーバーであればすぐに温水で利用できます。温度調整によっては80度以上の熱湯にもできるのでカップラーメンも作れます。また、温水で赤ちゃんのミルクや離乳食を作るときも手間がかかりません。

ボトルを宅配してもらえる

ウォーターサーバー用のボトルは定期的に自宅に配送してもらえます。ミネラルウォーターの場合はその都度自分でスーパーなどに行って買う必要がありますが、ウォーターサーバーであれば面倒な買い物の手間が省けます。契約会社によっては本数の指定や配達頻度を決めることもできるので家族構成やライフスタイルに合わせることも可能です。

ウォーターサーバーのデメリット

財布からお金を取り出す男性

費用がかかる

ウォーターサーバーの利用にはレンタル料やメンテナンス費用がかかります。また、供給してもらうボトルの費用、ウォーターサーバーを使用することによる電気代など金額がかさんできます。ウォーターサーバーの契約をするときはどれくらいお金がかかるのかということを事前に調べたほうがいいでしょう。

設置場所

ウォーターサーバーそのものの大きさは一般的なもので高さ1m、奥行約40cm前後です。意外にスペースを取るので設置場所に困るという点もデメリットとして挙げられます。

ウォーターサーバーなら「Cool Qoo」がおすすめ

毎月かかる費用や設置場所のデメリットを除けばウォーターサーバーを導入するメリットは大きいといえるかもしれません。数多く販売されているウォーターサーバーのなかでも特におすすめできるのは「Cool Qoo(クール・クー)」です。

Cool Qooには以下のようなメリットがあります。

  1. 他社に比べて使用料金が格段に安い
  2. ボトルが不要
  3. 放射性物質も除去してくれる

Cool Qooは定額制なので月にいくら飲んでも料金は変わりません。会社によっては使用した水の量で金額を決める場合もありますが、Cool Qooは金額を気にせず好きなだけ使うことができます。また、他社の契約内容と比べても月の使用料金は50Lで2000~4000円ほど安くなります。

Cool Qooは水道直結型のウォーターサーバーです。水道水をそのまま浄水するのでボトルの購入と取り換えの必要がありません。そのためスペースを取るボトルの保管や使用後のゴミ処理もなくなります。

Cool Qooに搭載されている浄水システムは「RO膜ろ過」と呼ばれるものです。この世界最高水準の技術を取り入れた浄水システムは海水や牛乳を真水に変えるほど強力であり、塩素などの化学物質だけでなく放射性物質まで完全に除去してくれます。完全にピュアな水であり、大人の飲み水だけでなく赤ちゃんのミルク作りにも最適です。

よく話題に上る「COOL QOO(クールクー)」って何?

Cool Qooは「水道型直結型ウォーターサーバー」のことです。 細菌やウイルス、放射性物質だけではなくイオンすら除去し純水(ピュアウォーター)を精製する技術の「ROろ過」を採用しています。 また、ボトル不要で、従来型のウォーターサーバーとは違い、定額から利用ができるため、お財布事情に厳しい方にもおすすめなウォーターサーバーです。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

Coolqoo >>公式サイトはこちら

初期費用 4,200円(税別)~
月額費用 4,200円(税別)~
電気代 月800円ほど
メンテナンス代 年1回(無料)
解約金 ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

初期費用 無料
月額費用 4,200円(税別)
電気代 月1,000円ほど
メンテナンス代 無料
解約金 3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

初期費用 無料
月額費用 4,250円(税別)
電気代 月1,000円ほど
メンテナンス代 無料
解約金 3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

この記事をシェアしませんか?

ウォーターサーバーを購入する前にそのメリットとデメリットを詳しく理解しましょう。安くて性能も良く、手間もかからない、赤ちゃんにも優しいウォーターサーバーならば「Cool Qoo」がおすすめです。